顧客コミュニケーションもひとつの「オウンドメディア」:「DECode」「DECAds」が目指すもの|DIGIDAY[日本版]

顧客コミュニケーションもひとつの「オウンドメディア」:「DECode」「DECAds」が目指すもの|DIGIDAY[日本版]

“顧客とのコミュニケーションが企業価値を左右する時代がやってきた。”

本サイト名の「DECLab(デックラボ)」にも入っている「DEC(デック)」という文字。

これは2016年にトランスコスモスが新しく立ち上げた組織名から取ったもので、「Digital Marketing」「E-Commerce」「Contact Center」の頭文字の組み合わせになっています。
これには、スマホ中心となっている消費者行動に合わせて「マーケティング」「販売」「カスタマーサポート」といった顧客接点を一気通貫したサポートを提供していく、という想いが込められています。

実際にチャット広告サービス「DECAds(デックアズ)」DMPサービス「DECode(デコード)」、チャットプラットフォーム「DECAds Chat Edition」、アクセラレータープログラム「DEC Studio」など、様々な「DEC」サービスを独自開発・提供し、お客様企業のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。

今回、この「DEC」サービスの基盤技術となっている「DECAds」と「DECode」の誕生背景やミッション、事例について、デジタルマーケティング情報に特化した情報メディア「DIGIDAY[日本版]」にてご紹介させていただきました。

語るのは、「DECAds」のサービス責任者であり、本サイト「DECLab(デックラボ)」メンバーでもある亀井昭宏と、「DECode」のサービス責任者の北出大蔵です。

企業価値を左右する顧客コミュニケーションとは、果たしてどのようなものなのでしょうか。


顧客コミュニケーションもひとつの「オウンドメディア」:「DECode」「DECAds」が目指すもの

写真撮影:渡部幸和
trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。
顧客コミュニケーションもひとつの「オウンドメディア」:「DECode」「DECAds」が目指すもの|DIGIDAY[日本版]

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします。

trans plus(トランスプラス)