【国内・海外EC業界ニュース】ウォルマート、子会社ファッションブランド売却 Weekly Picks!10/9-10/15

【国内・海外EC業界ニュース】ウォルマート、子会社ファッションブランド売却 Weekly Picks!10/9-10/15

トランスコスモス調査部が厳選する国内・海外EC業界ニュース

 
今週も国内外問わずEC市場の動きを、ダイジェストでお届けします。
 
世界33カ国・171の拠点があるトランスコスモスだからこそ伝えられる、
 
国内外EC業界の「今」が、5分でわかります。
 
 
今週のトピックはこちら。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓

アマゾン、シンガポールで東南アジア初のECサイト開設へ

 10月8日、米ネット通販大手アマゾンが、シンガポールで「アマゾン・ドット・エスジー(Amazon.sg)」の開設をし、ネット通販を本格的に開始しました。同社は2017年にシンガポールに進出していましたが、これまでは有料のプライム会員のみが利用できる即時配送サービス、プライム・ナウのみの提供でした。プライム・ナウでは、主に日用品と食料品を取り扱っていましたが、アマゾン・ドット・エスジーでは、商品カテゴリー・取扱商品数ともに大幅に拡大され、これに伴い地場事業者の出店を可能にし、出店事業者向けのフルフィルメントサービスの提供も開始しました。また、ネット通販サイトのオープンに伴い、プライム会員以外の利用者も商品購入ができるようになります。
情報源:同社プレスリリース“Amazon Launches Amazon.sg, Offering All Customers in Singapore More Ways to Shop and Millions of Products to choose from – On Desktop and Mobile”(2019/10/8)

アマゾンジャパン、偽造品撲滅へ本格始動

 10月9日、ネット通販大手アマゾンジャパンが、偽造品の撲滅を目指した「プロジェクト・ゼロ(Project Zero)」を日本でも始動したことを発表しました。プロジェクト・ゼロとは、機械学習を用いて偽造品の疑いがあるものを検知し、プロジェクト参加企業に削除権限を付与するサービスで、2019年2月よりアメリカとヨーロッパで導入されています。日本ではすでに試験運用を開始しており、パナソニック、アイリスオーヤマ、任天堂、ソニー・インタラクティブエンタテインメントなどのブランドが参加しています。2020年前半には、ブランドが製品一つ一つにシリアルコードを付けることが出来るオプショナルサービスも展開予定です。
情報源:同社プレスリリース「Amazon、偽造品撲滅プロジェクト「Project Zero」を日本で提供開始」(2019/10/9)

ファッションオンライン販売、返品数削減へそれぞれの施策

 最近、世界的にファッションのオンライン販売において、返品数削減に取り組むことがひとつのトレンドとなっています。10月8日、ファッションネット通販大手ロコンドが首都圏の6店舗で「店頭受取試着サービス(CCTR:Click, Collect, Try & Return)」を開始しました。店頭受取試着サービスは、商品購入時に受取場所を、ロコンド提携店舗に指定すると、受取の際に店内で試着することが可能で、気に入らなかったら、その場で返品できるサービスです。返品は店員が行うので、梱包などの作業を行う必要がありません。
 また、同じく返品削減に向けた取り組みとして、印ネット通販大手のフリップ・カート傘下のファッションネット通販ミントラもサービスの実証実験を開始しました。ミントラは地元の仕立屋と提携し、仕立屋が配送を行い、その場でフィッテングを行うサービスを実験的に開始しています。
情報源:ロコンドプレスリリース「返品は店舗スタッフにおまかせCCTR(店頭受取試着サービス)が本格スタート!」(2019/10/8)

トランスコスモス調査部ブログはこちら

 

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。
【国内・海外EC業界ニュース】ウォルマート、子会社ファッションブランド売却 Weekly Picks!10/9-10/15

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします。

trans plus(トランスプラス)