AmazonDSPのASINリマケ(ASIN RT)のセグメント変更点をまとめてみた【Amazon広告アップデート情報】

AmazonDSPのASINリマケ(ASIN RT)のセグメント変更点をまとめてみた【Amazon広告アップデート情報】

Amazon広告(amazon advertising)の広告メニューのひとつ、Amazon DSPの機能であるASINリマーケティング(ASIN Remarketing)

ASINリマーケティングのセグメントの変更点が2018年11月21日に発表になりました。
今回はその変更点について、まとめてみました。

ASINリマーケティング(ASINリマケ)とは?

まず、ASIN(エーシン)とは「Amazon Standard Identification Number」の略で、Amazon(アマゾン)グループが取り扱う、書籍以外の商品を識別する10けたの番号です。
CD、DVD、ビデオ、ソフトウェア、ゲームなど、書籍以外の商品の詳細ページに記載されています。


▲ASINコードは、Amazon専用の商品識別番号
▲ASINコードは、Amazon専用の商品識別番号

このASINコードを利用したリターゲティング広告が「ASIN Remarketing(ASIN RT)」であり、通称「ASINリマケ」と呼ばれています。
※ASINリマーケティングは「ASIN RT(ASIN リターゲティング/ASINリタゲ)」と表記されることもあります。

ASINリマケとは、特定の商品・ブランドを閲覧したor購入したユーザーや、類似商品を閲覧したユーザー、出品している企業もしくは関連するブランドキーワードを検索したユーザーにリーチできるリターゲティング広告です。

新しいASINリマケのセグメントは4パターン

セグメントの変更点をまとめると、下の図のようになります。

▲ASINリマケのセグメントパターンの変更点
▲ASINリマケのセグメントパターンの変更点

従来は、以下の2つのセグメントしかなく、この2つのセグメントを一緒に実行する必要がありました。

  • Product views / Product purchases
    特定の商品を閲覧している/購入しているユーザー
  • Similar product views
    類似商品の商品詳細ページを閲覧したユーザー

 

しかし、今回の変更でセグメントが4つに増え、この4つのセグメントは単体で使うことも組み合わせることも可能になりました。

  • Product views / Product purchases
    特定の商品を閲覧している/購入しているユーザー
  • Similar product views
    類似商品の商品詳細ページを閲覧したユーザー
  • Brand product views / Brand product purchases
    特定ブランドに属する商品の商品詳細ページを閲覧した/購入したユーザー
  • Product searches
    自社もしくは関連するブランドのキーワードに関して検索したユーザー
    (※指定されたASINに関し、Amazonのアルゴリズムで紐づけられた関連性のあるキーワードを検索したユーザーをターゲティング可能だが、キーワードの指定および関連キーワードの内容を確認することはできない)

ASINリマケの課金ポイント、料金、利用条件は?

ASINリマケの課金ポイントは、CPM(インプレッション課金)です。
また、最低出稿金額は、グロスで150万(50万/月×3カ月の実施でも、初月150万でも可)です。

利用条件は色々とありますが、その中から重要な3点を抜粋しました。

  1. ASINリマケ4つのセグメントのうち、単体での利用でも組み合わせの利用でも可
  2. Link-inキャンペーンのみに利用可(Link-outキャンペーンは不可)
  3. 指定ASINに競合を含めることは不可(≒自社ブランドASINのみ)

ASINリマケ以外のカスタムセグメント

今回、ASINの指定をせずに作成するセグメントのポリシーにも変更点があります。

  • Search refinement(絞り込み検索)の利用不可 → ASINリマケのProduct Searchesで代用
  • 購買履歴の利用不可 → 購買履歴の利用はASINリマケのProduct purchasesのみ

このように、利用不可になったものに関してはASINリマケで代用が可能です。

ASINリマケ以外のカスタムセグメントの課金ポイントもCPM(インプレッション課金)ですが、グロスで150万/月の配信が必須です。

また、作成可能パターンは以下のとおりです。

  • 過去すでに他案件などで作成実績のある(Amazon内蓄積の)セグメント
  • 特定の商品カテゴリの閲覧履歴(※ボリュームなどの状況によっては作成不可の可能性あり)

 

 

なかなかインターネット上で情報がまとまっていないAmazon広告。
trans+では今後もAmazon広告のアップデート情報を随時お届けしていきます!

ASINリマケやASINリマケ以外のセグメントについてご不明点や、詳細を聞きたいなどのご要望がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください!

 

↓Amazon広告の関連記事はこちら↓

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。
AmazonDSPのASINリマケ(ASIN RT)のセグメント変更点をまとめてみた【Amazon広告アップデート情報】

この記事が役に立ったら「いいね!」をお願いします。

trans plus(トランスプラス)