catch-img

【2021年EC業界ニュース】LINE、オンラインイベント「LINE LOCAL DAY」を開催、コーディネート投稿機能の「LINE STAFF START」を発表 ほか

トランスコスモス調査部が厳選する国内・海外EC業界ニュース

今週も国内外問わずEC市場の動きを、ダイジェストでお届けします。

世界30カ国・168の拠点があるトランスコスモスだからこそ伝えられる、

国内外EC業界の「今」が、5分でわかります。

今週のトピックはこちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓

目次[非表示]

  1. 東南アジア大手ネット通販シー・グループ、第3四半期決算を発表。海外進出や投資事業で赤字
  2. 米小売大手ターゲット、第3四半期決算を発表。既存店のネット通販増加で純利益が47%増加
  3. アリババ、第3四半期決算を発表。主力事業ネット通販の営業利益が17%減
  4. 京東、第3四半期決算を発表。物流事業のコスト上昇で営業利益は41%減
  5. 米百貨店大手メーシーズ、第3四半期決算を発表。純利益は270億円の黒字と逆転
  6. LINE、オンラインイベント「LINE LOCAL DAY」を開催、コーディネート投稿機能の「LINE STAFF START」を発表

東南アジア大手ネット通販シー・グループ、第3四半期決算を発表。海外進出や投資事業で赤字

EC Weekly Picks アセアン国旗

11月16日、東南アジア大手ネット通販「ショッピー(Shopee)」の親会社である「シー・グループ(Sea Group)」が、2021年第3四半期の決算を発表しました。売上高は前年同期比121.8%増の27億ドル(約3,084億円)、調整後EBITDAでは1.66億ドル(約190億円)の赤字が出ました。赤字の主な要因として自社海外通販事業の拡大や、新興企業に多額の資金を投じたことが挙げられます。ネット通販関連事業に関しては、売上高は前年同期比134.4%増の15億ドル(約1,713億円)となりました。同社は2021年9月後半から、ポーランドやフランス、スペインの欧州3カ国とインドに新たに進出し、事業拡大を加速しています。また、最近は自社が手がけるゲームや金融事業と関連の深い企業に出資しており、投資事業に合計10億ドルを投じたとしています。

情報源:同社決算発表資料" Sea Limited Reports Third Quarter 2021 Results "(2021/11/16)

米小売大手ターゲット、第3四半期決算を発表。既存店のネット通販増加で純利益が47%増加

EC Weekly Picks アメリカ国旗

11月17日、米小売大手の「ターゲット(Target)」が発表した、2021年第3四半期の決算報告によると、売上高は前年同期比13%増の252億9,000ドル(約2兆8,887億円)、純利益が前年同期比47%増の14億8,800万ドル(約1697億円)となりました。既存店売上高は12.7%増となり、その内、店頭売上高が9.7%増、デジタル売上高が29%増と既存店全体の成長を牽引しました。ネット通販関連の業績について、商品の即日受取サービスの利用は約60%増加しています。また、米国で人手不足による物流コスト上昇の影響を受け、粗利益率は同2.6ポイント減の28.0%と悪化しましたが、既存店の増収で増益を維持したとしています。

情報源:同社決算発表資料 " Target Corporation Reports Third Quarter Earnings "(2021/11/17)

アリババ、第3四半期決算を発表。主力事業ネット通販の営業利益が17%減

EC Weekly Picks 中国旗

11月18日、中国ネット通販大手「アリババ(Alibaba)」が2021年第3四半期の決算を発表しました。売上高は前年同期比29%増の2,006億元(約3兆5,907億円)、純利益は81%減の53億元(約949億円)となりました。主力事業であるネット通販の営業利益は同17%減の256億元(約4,582億円)、利用者数は9月時点で前年比2割増の9億5,300万人にまで増えています。アリババは、11月11日に開催する中国最大のネット通販セール「独身の日(ダブルイレブン)」で5,403億元(約9兆6,500億円)の取扱高で好成績を収めました。しかし、2020年に比べ8.5%増加とネット企業への規制の影響で成長の鈍化が見られています。

情報源:同社決算発表資料 " Alibaba Group Announces September Quarter 2021 Results "(2021/11/18)

京東、第3四半期決算を発表。物流事業のコスト上昇で営業利益は41%減

EC Weekly Picks 中国旗

11月18日、中国大手ネット通販「京東(JD.com)」が2021年第3四半期の決算を発表しました。売上高は前年同期比26%増の2,187億元(約3兆9,146億円)、営業利益は前年同期比41%減の25億元(約450億円)となり、年間アクティブユーザー数は前年同期比25%増の5億5,200万と過去最高を記録しました。政府から配達員業務改善の要請を受け、人件費の調整を行ったため、物流事業のコストが増加し、収益に影響を与えたと発表しています。主力の小売部門は好調で、売上高が同28%増の307億4,157万ドル(約3兆5104億円)となりました。京東では、今期のハイライトとして、京東のオムニチャネル戦略推進の一環として、フランスのコスメセレクトショップ「セフォラ(Sephora)」が同社の即時配送サービス「小時送」と提携したことを挙げています。これにより、同社運営の通販サイトJD.comのセフォラ旗艦店で注文された商品は、近くのセフォラ実店舗から1時間以内に消費者の自宅に届けることが可能となりました。

情報源:同社決算発表資料" JD.com Announces Third Quarter 2021 Results "(2021/11/18)

米百貨店大手メーシーズ、第3四半期決算を発表。純利益は270億円の黒字と逆転

EC Weekly Picks アメリカ国旗

11月18日、米百貨店大手「メーシーズ(Macy's)」が2021年第3四半期の決算を発表しました。売上高は前年同期比36%増の54億4,000万ドル(約6,213億円)、純利益は前年同期の9,100万ドルの赤字から大幅増の2億3900万ドル(約270億円)となりました。売上高が大きく伸ばした要因の一つとして、新規顧客数の増加を挙げています。また、ネット通販事業の好調も全体の成長を牽引しました。ネット通販の売上高は19%増加、総売上高の33%を占めています。同社は、年末商戦に向けてさらなる消費の増加が続くとみています。

情報源:同社決算発表資料" Macy's, Inc. Reports Third Quarter 2021 Results; Narrows and Raises Full Year 2021 Guidance "(2021/11/18)

LINE、オンラインイベント「LINE LOCAL DAY」を開催、コーディネート投稿機能の「LINE STAFF START」を発表

EC Weekly Picks 日本国旗

11月18日、メッセンジャーアプリ「LINE」は自社主催のオンラインイベント「LINE LOCAL DAY」で、2022年にLINE公式アカウント運用中の企業向けのサポートやパートナー制度を開始することを発表しました。また、飲食店に向けた来店予約サービス「LINEで予約」の連携店舗がさらに拡充され、2022年1月には「PayPayグルメ」が加入する予定です。さらに、「ライン・スタッフ・スタートLINE STAFF START」の本格スタートも発表しました。同サービスは、店舗スタッフがコーディネートを投稿する機能「スタッフ・スタート(STAFF START)」と組み合わせた接客ツールです。LINE上での機能として、独自のライブ配信機能「ライン・ライブ(LINE LIVE)」が追加されることも特徴の一つとなります。

情報源:Web担当者Forum 「LINE、2022年に店舗領域サービスで運用サポートやパートナー制度を開始」(2021/11/18)


POINT
今週の注目は「LINEの店舗支援強化」だよ!


trans+(トランスプラス) 編集部
trans+(トランスプラス) 編集部
ITアウトソーシングサービスで企業を支援するトランスコスモス株式会社のオウンドメディア編集部。メンバーはマーケター、アナリスト、クリエイターなどで構成されています。

関連記事:

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォローする:

この記事をシェアする:

よくダウンロードされている資料

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2021
DataRobotサービスのご紹介
在宅コンタクトセンターサービスのご紹介

人気記事ランキング