catch-img

LINE Ads Platform(LAP)×ハイブリッド型DMP「Fortuna」で実現!データを活用した効果的な広告配信【二紙掲載:アドタイ、SuperMagazine】

デジタルマーケティング業界では、ユーザーと接点を持つ・商品購入に導くなどのビジネスのゴールを効率的に達成するために「ユーザーデータ」を活用したターゲティングやセグメンテーションを行う事が一般化してきました。

そんな「ユーザーデータ」そのものが、近ごろ注目を集めています。つまり、従来のオンライン上の行動履歴などからユーザーの性別や年齢を推測する「類推データ」ではなく、より精度の高いデータ、すなわち、クライアントが保持する「1st partyデータ」・データパートナーの「2nd partyデータ」・外部の「3rd partyデータ」と言われる高精度データをターゲティング等に活用する事です。

左からトランスコスモス株式会社 河西 優希、Supership株式会社 中島 真様


国内最大級の運用型広告プラットフォームLINE Ads Platform(LAP)も「類推データ」による広告運用となるため、より効率的な目標達成のためにはターゲティング精度そのものを高めていく必要がありました。

このような状況をうけ、デジタルエージェンシーとして広告効果の最大化に取り組むトランスコスモスは、Supership株式会社の“ハイブリット型DMP”「Fortuna(フォーチュナ)」を活用することでLAPの成果向上に取り組んだ結果、今では50社以上のお客様でFortuna×LAPの施策を実施するに至っています。

今回、これらの施策についてSupership株式会社の中嶋 真様、トランスコスモス株式会社の河西 優希の2名が、宣伝会議が運営する広告界のニュース&情報プラットフォーム「AdverTimes(アドタイ)」で対談を実施。

運用PDCAのコツはもちろん、データを活用したデジタルマーケティングの重要性を改めてお話しています。

また、こちらの内容をSupership株式会社のオウンドメディア「SuperMagazine」でもさらに詳しく記事にしていただきましたので、ぜひご覧ください!


データ拡張で新規獲得施策に効果的な広告配信を ―Supershipが提供するハイブリット型DMP「Fortuna」の真価とは こちら!(アドタイ)

SuperMagazineに掲載頂いた、

データ活用でLAPの広告効果を最大化!トランスコスモス流Fortuna活用事例 #Supershipお客様事例 こちら!(Supership公式メディア SuperMagazine)


trans+(トランスプラス) 編集部
trans+(トランスプラス) 編集部

ITアウトソーシングサービスで企業を支援するトランスコスモス株式会社のオウンドメディア編集部。メンバーはマーケター、アナリスト、クリエイターなどで構成されています。

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォローする:

この記事をシェアする:

よくダウンロードされている資料

人気記事ランキング

フォローする

 

記事検索

アーカイブ

trans+ 公式Facebook