catch-img

【EC業界ニュース】米下院司法小委員会、GAFA解体案 Weekly Topics! 10/07-10/13

トランスコスモス調査部が厳選する国内・海外EC業界ニュース

今週も国内外問わずEC市場の動きを、ダイジェストでお届けします。

世界30カ国・168の拠点があるトランスコスモスだからこそ伝えられる、

国内外EC業界の「今」が、5分でわかります。


今週のトピックはこちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓

目次[非表示]

  1. インスタグラム、IGTVでも商品のタグ付けが可能に
  2. 米下院司法小委員会、GAFA解体案
  3. 楽天、ラグジュアリーブランド取り扱いサイトを開設
  4. テスコ、決算発表。オンライン事業が好調
  5. 日本郵便、配送ロボットの公道実験を公開
  6. インスタカート、企業価値約2兆円へ
  7. リーバイス、中古品販売プラットフォームを開設
​​​​​​​

インスタグラム、IGTVでも商品のタグ付けが可能に

EC Weekly Picks グローバル国旗

10月5日、SNS大手インスタグラム(Instagram)が、日本を含む様々な国と地域で、ショッピングタグを利用してIGTVにも商品をタグ付けできるようになったと発表しました。また、2020年後半には、インスタグラムの短尺動画作成ツール「リール」でも同様の機能のテストが開始される予定であることも明らかにしています。同機能は、価格や商品説明などの詳細情報を見たり、外部のECサイトに遷移して購入したりできるもので、これまでは投稿とストーリーズでのみで利用可能でした。

情報源:TechCrunch"Instagram expands shopping on IGTV, plans test of shopping on Reels"(2020/10/05)

米下院司法小委員会、GAFA解体案

EC Weekly Picks アメリカ国旗

10月6日、米議会下院司法委員会独占禁止法小委員会が、約16カ月にわたって調査してきた米IT大手「GAFA」(Google、Apple、Facebook、Amazon)の独占禁止法に関する調査の報告書を公開しました。報告書では、GAFAの市場支配の現状を概説し、デジタル経済における競争回復、独禁法の強化、独禁法執行の再活性化について説明されています。またプラットフォームと相互運用する事業分野にプラットフォーム自身が参加することを禁じるため、企業の構造的分離を提案しています。これに対し、4社は公式ブログやCNBCなどを通して反論しています。

情報源:IT Media News「米下院司法小委員会、「GAFAは分割すべき」 調査報告書公開」(2020/10/07)

楽天、ラグジュアリーブランド取り扱いサイトを開設

EC Weekly Picks 日本国旗

10月6日、EC大手楽天が運営するファッションECサイト「Rakuten Fashion」において、ラグジュアリーブランドやデザイナーズブランドの商品を取り扱う専門サイト「Rakuten Fashion Luxury」を開設しました。同サイトには6日より、LVMHグループ傘下の「Marc Jacobs」、「FRED」および「KENZO」が、ブランドショップとして参加しています。商品取扱以外にも、新規参加ブランドショップやRakuten Fashion Luxuryにおけるイベント開催情報、各参加ブランドが取り扱う新商品などを紹介するコンテンツも掲載されます。なお、同社は2019年10月より、Rakuten Fashionの提供を開始し、現在は1,200以上のブランドが参加しています。

情報源:同社ニュースリリース「楽天、ラグジュアリーおよびデザイナーズブランドの商品販売と魅力の発信を行う専門サイト「Rakuten Fashion Luxury」を開設」(2020/10/06)

テスコ、決算発表。オンライン事業が好調

EC Weekly Picks イギリス国旗

10月7日、英スーパー大手テスコ(Tesco)が2020年上半期の決算発表を行いました。売上高は、前年同期比0.7%増の287億ポンド(約3兆9,500億円)で、税引前当期純利益は同28.7%増の5億5,100万ポンド(約7,600億円)となりました。特にオンライン事業の売上高は、半期で69%増、第2四半期だけでは90%増の成長と好調でした。同社は新型コロナの影響で拡大したEC需要に対応するために、オンライン配信容量を2倍以上の週に150万スロットにし、8月にはオンライン事業のために16,000人の従業員の採用などを行っています。

情報源:同社IR"Interim Results 2020/21"(2020/10/07)

日本郵便、配送ロボットの公道実験を公開

EC Weekly Picks 日本国旗

10月7日、日本郵便が配送ロボットの公道での実証実験を報道陣に公開しました。物流分野での配送ロボットの公道実験は国内で初めてのことで、実験は10月末まで行われる予定です。今回公開された実験では、ロボット開発のZMP製の自動搬送ロボット「デリロ」が東京逓信病院内のコンビニで預かった荷物を約700メートル先の麹町郵便局まで歩道を通行して届けました。デリロは縦96センチ横66センチ高さ109センチで車いすほどの大きさで、内部に2リットルペットボトルが8本ほど入るスペースがあり、ここに荷物を収納することができます。将来は消費者宅へ配送するラストワンマイルでの活用を想定しており、安全性を確認して3年以内の実用化を目指しています。

情報源:日本経済新聞「日本郵便、配送ロボットの公道実験を公開」(2020/10/07)

インスタカート、企業価値約2兆円へ

EC Weekly Picks アメリカ国旗

10月8日、米食料品の即日配達サービスインスタカート(Instacart)が、既存の投資家であるValiant Peregrine FundとD1 Capital Partnersからの新しい資金調達ラウンドの一環として2億ドル(約210億円)を調達したことを発表しました。この発表により、企業価値が177億ドル(約1.9兆円)になりました。調達した資金は、顧客エクスペリエンスの向上、法人事業や広告事業のさらなるサポートを目的とする新機能やツールの導入に使われる予定です。同社は新型コロナの影響を受け、即日配達サービスの需要が拡大していると明らかにしています。なお現在は、500以上の小売業者と提携しており、アメリカとカナダの40,000近くの店舗から配送をしています。

情報源:同社ニュースリリース"Instacart Announces New Funding from Valiant Peregrine Fund and D1 Capital Partners"(2020/10/08)

リーバイス、中古品販売プラットフォームを開設

EC Weekly Picks アメリカ国旗

10月8日、米アパレルメーカーリーバイス(Levi's)が、ブランドの中古品販売プラットフォーム「LEVI'S® SecondHand」を開設しました。LEVI'S® SecondHandでは、アメリカ国内の店舗に顧客が持ち込んだ中古のデニムやジャケットを購入することができます。なお、アイテムを店舗に持ち込んだ顧客はアイテムの製造年、状態、元の小売価格に応じて5ドルから35ドルの次回購入時に使用可能なギフトカードを獲得することができます。

情報源:fashionsnap「リーバイスが中古品販売プラットフォームを開設、デニムやジャケットを30~100ドルで販売」(2020/10/09)


POINT
今週の注目ニュースは、「米下院司法小委員会、GAFA解体案」だよ!


trans+(トランスプラス) 編集部
trans+(トランスプラス) 編集部

ITアウトソーシングサービスで企業を支援するトランスコスモス株式会社のオウンドメディア編集部。メンバーはマーケター、アナリスト、クリエイターなどで構成されています。

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォローする:

この記事をシェアする:

よくダウンロードされている資料

人気記事ランキング

フォローする

 

記事検索

アーカイブ

trans+ 公式Facebook