catch-img

【資料公開】デジタルコミュニケーションの課題と解決策

2020年現在、猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響により、「対面接客・対面営業ができなくて困っている」「顧客の表情や感情が見えなくなったことでコミュニケーションがとりづらい」「インタラクティブなコミュニケーションが取れない」といった悩みを耳にすることが、とても増えました。

本資料では、そうした対面接客がしにくい今だからこそ、デジタルコミュニケーションの悩みとトランスコスモスの解決法を事例を交えてご紹介します。

対話型デジタルコミュニケーションで解決する3つの施策


デジタルコミュニケーションの課題
解決策

顔や表情が見えない

性格診断「ディグラム診断®」

気軽に会話しにくい

LINEセールスチャットBot

誰にいつ?

LINEメッセージAIソリューション
WHITE BASE®


①消費者が心地よく商品と出会える「ディグラム診断」


ディグラム診断とは、ディグラム社が開発した日本人2,600万人分の性格データを基に開発された性格診断アルゴリズム。

資料ではディグラム診断の説明からWeb接客での活用事例をご紹介します。


②LINEセールスチャットBotサービスとは?

LINE友だちと対話形式で気軽に会話を楽しみながら、お客様に適した商品・ブランドを訴求するメッセージ手法です。



LINEのチャットボット活用事例やセールスPDCAサイクルの事例をご紹介します。


③誰にいつ?LINE配信の課題

限られた予算で成果を最大化するため、友だちの可視化・セグメント化が重要です。



AIによる「アクティブ・休眠友だちの可視化」と、「戦略的な配信」運用事例をご紹介します。



資料ダウンロードはこちらから!


trans+(トランスプラス) 編集部
trans+(トランスプラス) 編集部

ITアウトソーシングサービスで企業を支援するトランスコスモス株式会社のオウンドメディア編集部。メンバーはマーケター、アナリスト、クリエイターなどで構成されています。

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォローする:

この記事をシェアする:

よくダウンロードされている資料

人気記事ランキング

フォローする

 

記事検索

アーカイブ

trans+ 公式Facebook