catch-img

【MEO対策】Google検索の「ナレッジパネル」にSNSアカウント表示 / 写真のインサイトなど一部の機能が閲覧不可能に

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「MEO・口コミマーケまとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2022年11月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。




目次[非表示]

  1. Googleマップ・Google検索・Googleビジネスプロフィール更新情報
    1. Google検索の「ナレッジパネル」にSNSアカウント表示
    2. 写真のインサイトなど一部の機能が閲覧不可能に

Googleマップ・Google検索・Googleビジネスプロフィール更新情報

Google検索の「ナレッジパネル」にSNSアカウント表示


一部のナレッジパネルにおいて、関連するSNSアイコンが表示されるようになりました。10月ごろから実装されているようです。

また、Googleビジネスプロフィールのヘルプセンターでは、ローカルビジネスにSNSアイコンが表示される基準として、

・一貫性(一貫したビジネス名の使用など)
・信頼性

が関係していることが明記されました。

<参照>Googleビジネスプロフィールヘルプ:ローカル ビジネスにソーシャル プロフィールを表示する


写真のインサイトなど一部の機能が閲覧不可能に


7月のレポート(※)でもお伝えした「ビジネスの管理者がGoogleビジネスプロフィール管理画面にアクセスしようとする際、Google検索上の管理画面にリダイレクトされる」つまり「Googleビジネスプロフィールマネージャが使えなくなる」という現象ですが、この対象となるビジネスが拡大され、現在ほとんどのビジネスで起こっています。

この影響で、Googleビジネスプロフィールマネージャでは利用できていた「写真の閲覧回数」、「どの地域からルートのリクエストがされたか」などのデータですが、Google検索の管理画面からは閲覧不可能となっています。

特に「どの地域からルートのリクエストがされたか」については商圏が広いビジネスにおいては非常に重要な情報なのですが、今後再度見られるようになるのかは不明です。ルート検索の数は現在も閲覧可能です。

こちらの記事(※)にて、2022年8月15日時点での『Googleビジネスプロフィールの各管理画面で使える・使えない機能』をまとめています。

<参照>Joy Hawkins@JoyanneHawkins氏の投稿:https://twitter.com/JoyanneHawkins/status/1586017790498332674?s=20&t=l0YO55Kq76_FYQBq8MmyRg

※外部サイトに移動します


レポートでは他にも、

1. 飲食店向けに「表示するメニュー写真を選べる」機能が追加→のち削除
2. PC版Googleマップがリニューアル、モバイル版と同様の機能も
3. Yahoo! MAP、「全国イルミネーションマップ2022」を提供開始
4. ビジネス名にフリガナを振るのはガイドライン違反か

など、充実の情報をご紹介しています!

ぜひGoogleビジネスプロフィール活用・MEO・口コミ対策に本資料をご活用ください!



trans+(トランスプラス) 編集部
trans+(トランスプラス) 編集部
ITアウトソーシングサービスで企業を支援するトランスコスモス株式会社のオウンドメディア編集部。メンバーはマーケター、アナリスト、クリエイターなどで構成されています。
 

関連記事:

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォローする:

この記事をシェアする:

よくダウンロードされている資料

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2022-2023
消費者と企業のコミュニケーション実態調査2021
transpeechサービスのご紹介

人気記事ランキング