catch-img

【2022年EC業界ニュース】スターバックス、NFTを活用したポイントプログラムを発表 ほか

トランスコスモス調査部が厳選する国内・海外EC業界ニュース

今週も国内外問わずEC市場の動きを、ダイジェストでお届けします。

世界30カ国・168の拠点があるトランスコスモスだからこそ伝えられる、

国内外EC業界の「今」が、5分でわかります。

今週のトピックはこちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓

目次[非表示]

  1. ByteDanceのEC アプリ「Douyin Box」、サービス終了か 
  2. 米アマゾン、物流拠点の自動化を加速 ベルギー企業を買収
  3. WEARにコーディネート動画機能が登場 動画にECサイトの紐づけも可能に
  4. スターバックス、NFTを活用したポイントプログラムを発表
  5. オンライン小売業者のティックトックへの広告費が60%増加
  6. ベトナム、B2CのEC市場が著しく成長 2025年にはASEAN2位に達する見込み

ByteDanceのEC アプリ「Douyin Box」、サービス終了か 

EC Weekly Picks 中国旗

中国メディア36Krによると、バイトダンス(ByteDance)はEC アプリ「Douyin Box」のサービス終了を検討していることが明らかになりました。同アプリは2021年12月にローンチされた当初は中国のiOS ショッピングアプリのトップ10に入るほど、トレンドファッションのプラットフォームという位置づけで広く注目を集めていました。現在はトップ100からも外れています。また、日間アクティブユーザー数は5万人にまで減少し、月間アクティブユーザー数は35万人前後で推移し、競合の小紅書やDewuを大きく下回っています。バイトダンスはアプリのサービス終了を否定しています。

情報源:technode "ByteDance to shut down e-commerce app Douyin Box: report"(2022/09/09)

米アマゾン、物流拠点の自動化を加速 ベルギー企業を買収

EC Weekly Picks アメリカ国旗

9月9日、米アマゾン(Amazon)がベルギーのメカトロニクス企業クロースターマンズ(Cloostermans)の買収合意に至ったことを発表しました。両社は2019年から協業し、アマゾンのフルフィルメントセンターの業務自動化を進めていました。今回の買収により、クロースターマンズの従業員は、物流倉庫向けのロボット開発や製造を行うアマゾン・ロボティクスに加わる予定です。アマゾンは近年ヨーロッパでのロボティクス事業の拡大に注力しています。イタリアやドイツでロボティクス施設を運営し、同分野の採用を積極的に行っています。アマゾン・ロボティクスのバイスプレジデントであるイアン・シンプソン(Ian Simpson)氏は発表にて「従業員にとって倉庫をより安全なものにするため、ロボット工学などの技術に投資している」と説明しています。

情報源:TechCrunch"Amazon is buying Cloostermans, a mechatronics specialist in Belgium, to ramp up its robotics operations"(2022/09/09)

WEARにコーディネート動画機能が登場 動画にECサイトの紐づけも可能に

EC Weekly Picks 日本国旗

9月12日、株式会社ZOZOがファッションコーディネートアプリ「WEAR」にてコーディネート動画機能を正式にローンチしました。コーディネート動画へのコメント、トレンドワード、商品名のタグ付け、タイムラインでのコーディネート動画の閲覧が可能になります。商品を身に着けたときの見た目や商品の質感をイメージしやすいというメリットがあります。また、コーディネート動画に商品情報を紐づけることができます。そのため、利用者は動画からファッションECモール「ZOZOTOWN」や各ブランドの自社ECなどにアクセスし、商品の購入が可能です。

情報源:株式会社ZOZO 「WEAR、好きなファッションにもっと出会える  コーディネート動画機能を9月12日正式ローンチ!」(2022/09/12)

スターバックス、NFTを活用したポイントプログラムを発表

EC Weekly Picks アメリカ国旗

9月12日、米スターバックス(Starbucks)がNFTを活用したポイントプログラム「スターバックス・オデッセイ(Starbucks Odyssey)」を公式発表しました。Web3.0に参入した初のコーヒーチェーン企業になります。同プログラムはイーサリアム(Ethereum)と互換性を持ったブロックチェーンネットワークのポリゴン(Polygon)を用いて展開され、消費者は「ジャーニースタンプ(journey stamp)」と呼ばれるNFTを専用アプリ内で購入すると、没入型イベントへの参加チケットなどの特典を取得できます。NFTの購入には暗号通貨用ウォレットが必要なく、クレジットカードやデビットカードで購入可能なため、NFTに馴染みのない消費者にも手に取りやすい仕組みになっています。同社が提供する従来のリワークプログラムとの統合も可能で、これまでに貯めた「スター」と呼ばれるポイントも失効しません。サービスローンチ時に実際提供されるイベントや特典の詳細はまだ決定していません。

情報源:TechCrunch "Starbucks details its blockchain-based loyalty platform and NFT community, Starbucks Odyssey"(2022/09/12)

オンライン小売業者のティックトックへの広告費が60%増加

EC Weekly Picks グローバル国旗

Search Engine Landがオンライン小売業者の2022年第2四半期広告費の調査結果を発表しました。5,000店のオンラインストアを対象にした広告調査の結果によると、ティックトック広告への投資が前年同期比60%増の計2,990 万ドル(約42億9,470万円)でした。広告費全体では前年同期比11%増の計5 億 2,970 万ドル(約760億8,450万円)です。フェイスブックやグーグルへの広告費が依然として多くを占め、フェイスブックは計 3 億 7,700 万ドル(約540億4,295万円)でグーグルのD2C 広告費は計1億1,890万ドル(約170億4,432万円)でした。近年のティックトック人気の高まりから、今後も多くの企業が広告戦略としてティックトックを利用すると考えられています。

情報源:Search Engine Land"Ecommerce brands spent 60% more on TikTok ads in Q2"(2022/09/13)

ベトナム、B2CのEC市場が著しく成長 2025年にはASEAN2位に達する見込み

EC Weekly Picks ベトナム国旗

ベトナム商工省が「ベトナム電子商取引白書2022」発表しました。発表によると、2022年のベトナムB2CのEC売上高は前年同期比20%増の164億ドル(約2兆3500億円)に達する見込みです。ベトナムのB2CのEC市場は過去7年間で16~30%増の成長を記録しています。オンラインショッピング利用者数も、累計で初となる6,000万人に達し、1人あたりの購入額は60~285ドル(約3万7,200~約4万800円)に達する見込みです。オンラインショッピングで特に購入が多い商品は、衣料品や化粧品などです。ベトナムのEC市場は今後も引き続き成長すると見込まれ、2025年にはASEANで2位の市場規模になると考えられています。

情報源:VIETJOベトナムニュース「オンラインショッピング、22年売上高は+20%増の2.35兆円に EC白書」(2022/09/14)


POINT
今週の注目は「スターバックス、NFTを活用したポイントプログラムを発表」だよ!


trans+(トランスプラス) 編集部
trans+(トランスプラス) 編集部
ITアウトソーシングサービスで企業を支援するトランスコスモス株式会社のオウンドメディア編集部。メンバーはマーケター、アナリスト、クリエイターなどで構成されています。

関連記事:

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォローする:

この記事をシェアする:

よくダウンロードされている資料

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2022-2023
消費者と企業のコミュニケーション実態調査2021
transpeechサービスのご紹介

人気記事ランキング