catch-img

どこが変わった?!Google アナリティクスのユーザー管理権限の変更と権限の割り当て

※ここに記載されている内容は、2021年9月15日時点のものです。Googleアナリティクスは、次々と新機能がリリースされています。利用にあたっては、事前に公式ヘルプを参照してください。


Google アナリティクスのすべてのアカウントで、「ユーザー管理」権限は廃止となり、「ユーザー管理」権限を付与されているユーザーは、自動的にGoogleアナリティクスを全て操作できる「管理者」権限に変更されました。

また、APIで「ユーザー管理」(Manage Users)を参照している場合、今後は自動的に「管理者」(Administrator)と解釈されます。

この変更による影響は、今まで「ユーザー管理」権限のみ付与されているユーザーも、「編集」権限が付与されたことになります。


なお、「ユーザー管理」権限は、従来から自身に「編集」権限を付与することができるため、実質的な権限の範囲は変わりません。

Google アナリティクスでは、アカウント、プロパティ、およびビューのレベルでユーザーを管理し、権限を割り当てることで、様々なレポートへのアクセスを許可することができます。


目次[非表示]

  1. 権限を割り当てるには
  2. 権限の4つの役割
  3. 標準の役割[なし]って何?

権限を割り当てるには

① [管理]をクリックします。



② アカウントを管理する場合は[アカウントのアクセス管理]、プロパティ階層を管理する場合は[プロパティのアクセス管理]、ビュー階層を管理する場合は[ビューのアクセス管理]をクリックします。



③ 新規または既存のメンバー(ユーザーやグループなど)に必要な権限を割り当てます。 



詳細な設定方法はGoogle 公式ヘルプをご覧ください。

https://support.google.com/analytics/answer/1009702

権限の4つの役割

役割①「管理者」
今回の変更で[ユーザーの管理]から[管理者]へ変更されました。

アナリティクス全般にかかる管理ができる権限で、ユーザーを管理することができます(ユーザーの追加/削除、役割またはデータ制限の割り当て)。

この役割を持つすべてのアカウントまたはプロパティに対して、自分自身を含むすべてのユーザーに完全なアクセス権限を付与できます。ここには編集者の役割が含まれます。

役割②「編集者」
今回の変更で[編集]から[編集者]へ変更されました。

プロパティレベルでの設定項目を編集でき、フィルタや目標などを作成、編集することができます。ユーザーを管理することはできません。

役割③「アナリスト」
今回の変更で[共有設定]から[アナリスト]へ変更されました。

プロパティで作成できるアセット編集、削除、および共有できます。またダッシュボードやメモなどの共有アセットを作成、編集できます。

プロパティで作成できるアセットには、次のようなものが含まれます。
・アトリビューションモデル
・カスタムセグメント
・カスタムレポート
・ダッシュボード

役割④「閲覧者]
今回の変更で[表示と分析]から[閲覧者]へ変更されました。

レポート内のデータを操作できます(たとえば、比較の追加、セカンダリディメンションの追加など、アドホックなレポートの作成)。

カスタムレポートやセグメントなどのアセットを作成し、ユーザーインターフェイスまたはAPIを介して共有できます。なお、共有したアセットで共同作業をすることはできません。

標準の役割[なし]って何?

4つの役割の他に[なし]という項目があります。

[なし]が選択されているユーザーは、該当のリソースに対して役割が割り当てられておらず、別のリソースの役割を持っていることを意味します。

例えば、[アカウントのアクセス管理]を閲覧している場合に、[なし]が選択されているユーザーは、アカウントのリソースに対して役割が割り当てられていませんが、プロパティのリソース、もしくはビューのリソースには役割が割り当てられていることを意味します。

また、アカウントのリソースに対して役割が割り当てられているユーザーは、[プロパティのアクセス管理]、および[ビューのアクセス管理]では、[なし]が選択されています。ただし、今まで通りプロパティのリソース、およびビューのリソースに対してアクセス管理や操作が可能です。

今後もトランスプラスでは、Googleアナリティクスに関してご要望の多い機能を解説していきます。Googleアナリティクスに関するご相談ごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください!


あいちゃん
あいちゃん

GoogleAnalytics4(GA4)、および、GoogleAnalytics360のスペシャリスト。Googleのリセラーとして、広告からサイト制作、運用に至るまで、お客様のデジタルマーケティング活動をデータ活用の側面から包括的にサポートします!

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォローする:

この記事をシェアする: