catch-img

Salesforce Connections To You出展&登壇レポート

8月1日(木)に開催された「Salesforce Connections To You」(株式会社セールスフォース・ドットコム主催)にセッション登壇&ブース出展しました。

今回はトランスコスモスがブースでご紹介した内容についてご紹介します!


目次[非表示]

  1. そもそも「Salesforce Connections To You」とは?
  2. 「データ活用によるEC/店舗間送客の促進を支援」事例
    1. FAQや定型文を活用しながら、スムーズなお問合せを実現
    2. LINE公式アカウント内に「会員証」機能を実装

そもそも「Salesforce Connections To You」とは?

シカゴで開催された「Salesforce Connections」のエッセンスが東京で紹介される本イベント。

数々のセッションや展示をぎゅっと1日にまとめ、最新の市場トレンドや製品・ソリューションの共有、事例の発表などが行われました。



今回、トランスコスモスではブース出展に加え、「LINE × Salesforceで実現するこれからの顧客コミュニケーション」と題し、株式会社LIFULL様とともにセッションにも登壇いたしました。



「データ活用によるEC/店舗間送客の促進を支援」事例

ブースでご紹介したのは、Salesforce Service Cloud を活用し、EC・店舗を1つのカスタマージャーニーでとらえた「TAYLOR STITCH」様の事例です。



店舗でもチャットでも、『コンシェルジュ』がお客様にあったコーディネートをご提案できるようにし、ユーザーがどちらのチャネルを使った場合にも変わらないサポートができるようにしています。

FAQや定型文を活用しながら、スムーズなお問合せを実現

このとき『コンシェルジュ』対応スタッフ側では、Salesforce Service Cloudを活用し、ダッシュボードでお問合せを可視化して一括管理。FAQや定型文を活用しながら、スムーズにお問合せ対応ができる仕組みを利用しています。
​​​​​​​

LINE公式アカウント内に「会員証」機能を実装

オンラインとオフラインを融合させるチャネルとして、LINE公式アカウント内に「会員証」機能も実装。ユーザーの利便性も高めることができました。

LINE活用が優位なのは、まず国内利用者数が多いことから、ユーザー側が操作に慣れていること。QRコードの読み取りから友だち追加までのステップについて、イチから説明をしなくても、多くのユーザーが対応可能です。


また、登録した会員情報とLINEのIDを一度連携してもらえれば、店舗での会員証利用もスムーズ。

レジでのお会計時、LINEのトーク画面に会員証を表示させ、レジでスキャンするだけで、利用が可能です。

店舗スタッフ側も、接客フローを大きく変更することなく、対応することができます。



店舗とECとをシームレスにつなぐため、LINEとService Cloudを連携させたこちらの事例。データ活用を通じ、ユーザビリティの高い接客を実現していく参考になれば幸いです。


資料ダウンロードはこちら


阿部 智英美
阿部 智英美

トランスコスモス社員。Webディレクター、営業支援・提案担当を経て、現在はトランスコスモス応援隊。勤務中のモットーは「できるだけ楽しく、あとで美味しいお酒が飲めるように」。

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォローする:

この記事をシェアする:

よくダウンロードされている資料

人気記事ランキング

フォローする

 

記事検索

アーカイブ

trans+ 公式Facebook