catch-img

【資料公開】金融業界事例:コールセンター 運営における最新の BCP 対策とは?!

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、在宅勤務や出社制限などにより、ユーザーの対応をどのように維持するかが課題となります。

そこで本資料では、リモート業務環境、無人応対、ノンボイスへの誘導など、最新のBCP対策をご紹介。

コールセンターの運用に緊急事態が発生した場合でもサービスを存続するためには何が必要なのかを事例と共にご紹介します。


資料の概要

■緊急事態発生時の業務対応について

昨今、感染が拡大している新型コロナウイルスへの対応など、コールセンターの運用に緊急事態が発生した場合、 発生したリスクを最小限に抑えながら、サービスを存続をするためには、あらかじめ業務フロー、コールフロー、 マニュアル等を準備したうえで要員の分散出社と並行し、無人応対やノンボイス応対の体制へ迅速に切り替えることが重要です。


■弊社センターとお客様センターの業務切り分けのご提案

一次受け、テクニカルサポート、折り返し予約など弊社センターでもできる業務と 貴社基幹システムを参照して実施する業務、有資格業務など、金融のお客様センターでしかできない業務を切り分け、 緊急時のBCP対応も想定した体制を構築する必要があると考えます。


主な内容

・緊急事態発生時の業務対応について

・リモート業務環境

・無人応対、ノンボイスへの誘導

・金融機関の事例紹介

・livepass紹介資料


本資料のダウンロードはこちらから

【 金融 業界事例 】コールセンター 運営における最新の BCP 対策とは?!_アイキャッチ



trans+(トランスプラス) 編集部
trans+(トランスプラス) 編集部

ITアウトソーシングサービスで企業を支援するトランスコスモス株式会社のオウンドメディア編集部。メンバーはマーケター、アナリスト、クリエイターなどで構成されています。

trans+(トランスプラス)に掲載しているコンテンツや、サイト内で紹介したサービスに関することなど、どうぞお気軽にお問い合わせください。

フォローする:

この記事をシェアする:

よくダウンロードされている資料

人気記事ランキング

フォローする

 

記事検索

アーカイブ

trans+ 公式Facebook