catch-img

編集部・ディーズの社内「なんだろう」シリーズ第二弾!  「アップサイクル ーUpcycleー」? エコキャップ活動ってなにしているの?#目標12

今回お伝えするのは「アップサイクル ーUpcycleー」エコキャップ活動!ペットボトルのキャップを外し、再資源化することで、CO2の排出削減。発展途上国の子供たちにワクチンを贈る活動につながっています。本記事はトランスコスモスが取り組んでいるエコキャップ活動に関してご紹介します!

記事を見る

catch-img

JD.com, a Chinese online shopping company, achieved the highest order amount ever of 5.9 trillion yen at the "618" sale

"JD.com", the second largest online shopping in China, held well at the annual online shopping sale "618" held on June 18th in China. This sale is the largest online shopping sale in China, likewise "Single's Day (Double Eleven)" on November 11, held by "Alibaba Group," which is the number one online shopping company. This year, the event was held from June 1 to June 18, and the total order amount of JD.com reached the highest record of 343.8 billion yuan (about 5.9 trillion yen), an increase of 127.7% from the same period of the previous year. Meanwhile, it was reported that regulations are becoming increasingly tight by the government, and on June 11, the Ministry of Industry and Information Technology of China gave administrative guidance to online mail-order companies such as JD.com and Alibaba Group not to send unwanted promotional emails to consumers.

記事を見る

catch-img

Rakuten will add 11 distribution centers by 2023

On June 15th, Rakuten Group, a major online shopping company, announced that it will establish new distribution centers in Fukuoka and Osaka prefectures as distribution bases for its online shopping site "Rakuten Ichiba." In addition, in order to meet the increasing demand in Rakuten Ichiba, it is planning to build a distribution center in Hachioji, Tokyo. Both centers are planned to start operations in 2023. According to the Nihon Keizai Shimbun, by launching a distribution company jointly funded with Japan Post in July, the company is adding 8 new distribution centers under its influence, and plans to be a total of 11 distribution centers by 2023.

記事を見る

catch-img

Amazon introduced "Just Walk Out" payment system to its own grocery store in Seattle, USA

On June 17, it was reported that "Amazon Fresh," a grocery store that was opened by "Amazon" in Seattle, Washington, has launched "Just Walk Out," paying without a cash register system. With this system, products picked up are recognized by cameras and sensors installed in the store, and visitors can shop without paying at a cash register. In addition, before the visitors enter the store, they can select whether to pay at a cash register normally or without paying at a cash register. If they select a cash register, they can pay by credit card, debit card, or "palm-scanning payment" that uses biological information.

記事を見る

catch-img

【8/6開催】小売企業様必見!アフターコロナにおけるLINE公式アカウント/ミニアプリ・Yappliを活用した新しいコミュニケーション術

新型コロナの影響から消費者の行動と価値観が多様に変化している中、リアル店舗をお持ちの小売企業様でもDXを推進していく上でお悩みを抱える企業様が多くなっています。そのような課題感から、弊社ではLINE社とYappli社と協同し、LINEミニアプリとYappliの特性を活かしたソリューションを開発致しました。本セミナーではLINE社 兼清様、Yappli社 湯浅様からのアフターコロナでの企業様課題や最新事例をお話いただきつつ、現状の課題解決に向けたソリューションパッケージとはどういうものなのか、弊社実績を踏まえご紹介させていただきます。※小売り企業様の情報を中心にお話しさせていただきますが、別業界の方にも参考になる情報も交えてお話しさせていただきます。

記事を見る

catch-img

【EC業界ニュース】韓国EC大手クーパン、東京品川区で配達テストを開始 Weekly Topics! 06/02-06/08

トランスコスモス調査部が厳選するEC業界ニュース。国内外問わずEC市場の動きをお届けします。今週の注目トピックはこちら。 ・急成長するアマゾン、2025年までにテスコを抜いて英小売業1位になるか ・韓国EC大手クーパン、東京品川区で配達テストを開始

記事を見る

catch-img

【8/6開催】『自治体・公共・行政機関の方必見』 住民CXを高めるDX推進のポイント進め方・DX推進パートナー支援の活用法

新型コロナウイルスによる世の中の変化が求められる中、総務省は「自治体DX推進計画概要」を発表。「デジタルの活用により、一人ひとりのニーズに合ったサービスを選ぶことができ、多様な幸せが実現できる社会~誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化~」を2025年度までに実現を目指しています。大きな変革を求められる自治体窓口業務のあり方、DX化を推進するための秘訣など、弊社での実績を踏まえてお話しさせていただきます。

記事を見る

catch-img

LINEのビジネス利用の最新トレンドは?「LINE公式アカウント向け100%活用診断」が新登場!

企業のLINE公式アカウントがユーザーとのタッチポイントとして活用されるようになって久しいですが、コロナ禍において、LINEのビジネス利用の状況・トレンドはどうなっているのか。そしてLINEを100%活用するためにどのようなチェックが必要なのでしょうか。トランスコスモスの新サービス「LINE公式アカウント向け100%活用診断」開発担当がご紹介します。

記事を見る

catch-img

【EC業界ニュース】インスタグラム、発売予定商品の話題作り向け新機能「ドロップ」を公開 Weekly Topics! 05/26-06/01

トランスコスモス調査部が厳選するEC業界ニュース。国内外問わずEC市場の動きをお届けします。今週の注目トピックはこちら。 ・インスタグラム、発売予定商品の話題作り向け新機能「ドロップ」を公開 ・中国ネット通販大手京東の物流部門、香港証券取引所に上場

記事を見る

catch-img

South Korean EC major Coupang started a delivery test in Shinagawa Ward, Tokyo

On June 3rd, South Korea's representative news agency Yonhap News reported that the country's EC major "Coupang" is test-providing a service using its delivery app in Shinagawa Ward, Tokyo. It is the company's first overseas expansion. The service in Japan is still limited. However, the product lineup is various and abundant, and it is possible to order fresh foods, processed foods, daily necessities, and even industrial products, and it will take only 15 to 20 minutes for delivery. According to the company official, "This delivery service was a test operation in some regions, and whether plans to expand the area are not yet clear."

記事を見る

検索

関連サイト

ランスコスモスが運営する
コンタクトセンターに携わる方への情報サイト

トランスコスモスのサービス資料を
無料でダウンロード頂けます
資料ダウンロード実施中

よくダウンロードされている資料

プロセスマイニングを用いたWebおもてなしの新常識 ~点ではなく線で顧客を捉えておもてなし~
Yext-ご紹介資料
在宅コンタクトセンターサービスのご紹介

人気記事ランキング

フォローする

 

アーカイブ

trans+ 公式Facebook